例会

 KSDの活動の中心は、週1回行われる例会です。これはいわゆる「読書会」のことで、レポーターと呼ばれる担当者が課題作を決め、皆でそれを読んできて感想を語り合うというものです。毎週金曜日の午後7時頃から行われています。例会の雰囲気は決して堅苦しかったりはしません。お茶でも飲みながら、くつろいだ雰囲気で読んだ本の感想を語り合うのは楽しいものです。例会は、長く続いている伝統的な活動です。KSDは、現在ミステリ関係の雑誌を中心に活躍している書評家を何人も輩出していますが、その先輩方も、例会というひとつの評論活動の場で培ったものを仕事に活かしておられます。

課題作は、ミステリはもちろんのこと、ホラー、SF、ファンタジーといったあらゆるエンタテインメント小説の中から、国内・国外作品が交互に選ばれます。前述の通り、課題作は交替で行うレポーターが決めるので、選ばれる作品は多彩で、読書の幅を広げたい人にはもってこいといえるでしょう。

2017年度例会課題作
4/7 『退出ゲーム』初野晴
4/14 『毒入りチョコレート事件』アントニイ・バークリー
4/21 『宵待草夜情』連城三紀彦
4/22  映像例会『海軍条約事件』『黄色いアイリス』
4/28 『鋼鉄都市』アイザック・アシモフ
5/12 『人格転移の殺人』西澤保彦
5/19 『偽のデュー警部』ピーター・ラウゼイ
5/26 『模倣の殺意』中町信
6/9 『カリブ諸島の手がかり』T・S・ストリブリング
6/16 『密室蒐集家』大山誠一郎
6/23 『幻の女』ウィリアム・アイリッシュ
6/30 ビブリオバトル例会
7/7 『Yの悲劇』エラリイ・クイーン
7/14 『黒いトランク』鮎川哲也
9/7 『ストロベリーナイト』誉田哲也
9/7 『ママは何でも知っている』ジェイムズ・ヤッフェ
9/7 『本陣殺人事件』横溝正史
9/22 『隅の老人の事件簿』バロネス・オルツィ
9/29 『フリークス』綾辻行人
10/6  新刊例会
10/13  三田祭クイズ例会
10/20 『A型の女』マイクル・Z・リューイン
10/27 『頼子のために』法月綸太郎
2016年度例会課題作
4/8 『月光ゲーム』有栖川有栖
4/15 『秘密機関』アガサ・クリスティー
4/22 『硝子のハンマー』貴志祐介
5/6 『シンデレラの罠』セバスチアン・ジャプリゾ
5/13 『Wの悲劇』夏木静子
5/20 『ブラウン神父の醜聞』G・K・チェスタトン
5/27 『アリス・ミラー城殺人事件』北山猛邦
6/3 『クリスマスのフロスト』R・D・ウィングフィールド
6/10 『DINER』平山夢明
6/17 『殺人交叉点』フレッド・カサック
6/24 『鏡の中は日曜日』殊能将之
7/1 『漂う提督』アガサ・クリスティー他
7/8 『ナイン・テイラーズ』ドロシイ・L・セイヤーズ
9/6 『太陽黒点』山田風太郎
9/6 『火刑法廷』ジョン・ディクスン・カー
9/6 『遠まわりする雛』米澤穂信
9/23 『星降り山荘の殺人』倉知淳
9/30  新刊例会
10/7 『ドイル傑作集(一)―ミステリー編―』コナン・ドイル
10/14 『リピート』乾くるみ
10/21 『悪徳小説家』ザーシャ・アランゴ
10/28 三田祭クイズ例会
11/4 『メイド・イン・ジャパン』黒田晶
12/2 『天使のナイフ』薬丸岳
12/9 『歌うダイアモンド』ヘレン・マクロイ
12/16 『火蛾』古泉迦十
1/9  映像例会『安楽椅子探偵 ON STAGE』綾辻行人、有栖川有栖
1/13 『理由あって冬に出る』似鳥鶏
2015年度例会課題作
4/11『ジョーカー・ゲーム』柳広司
4/18『ポアロとグリーンショアの阿房宮』 アガサ・クリスティ
4/25『向こう側の遊園』 初野晴
5/1『黒後家蜘蛛の会(1)』アイザック・アシモフ
5/8『魚たちの離宮』長野まゆみ
5/15『大列車強盗』マイクル・クライトン
5/22『危険な童話』土屋隆夫
6/05『丸太町ルヴォアール』円居挽
6/12『酔いどれの誇り』ジェイムズ・クラムリー
6/19『さむけ』ロス・マクドナルド
6/26『皇帝の嗅ぎタバコ入れ』ジョン・ディクスン・カー
7/3  『犬とハモニカ』江國香織
7/10『イニシエーション・ラブ』乾くるみ
9/5  『母性』湊かなえ
9/5  『姑獲鳥の夏』京極夏彦
9/5  『妻の女友達』小池真理子
9/5  『絶望ノート』歌野晶午
9/25 『99%の誘拐』岡嶋二人
10/2 『黒い仏』殊能将之
10/9  三田祭クイズ例会
10/16  『九マイルは遠すぎる』ハリイ・ケメルマン
10/23  『幸福な食卓』乃南アサ
10/30  『神津恭介、密室に挑む』高木彬光
11/6  『銀河ヒッチハイクガイド』ダグラス・アダムズ
11/27 『羽越本線 北の追跡者』西村京太郎
12/4 『フラナリ―・オコナ―全短編』フラナリ―・オコナ―
12/18 『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー
2014年度例会課題作
4/11『六の宮の姫君』北村薫
4/18『ナイルに死す』 アガサ・クリスティー
4/25『猫丸先輩の推測』倉知淳
5/02『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』スティーグ・ラーソン
5/09『ばらばら死体の夜』桜庭一樹
5/16『悪党パーカー/人狩り』リチャード・スターク
5/23『日本殺人事件』山口雅也
6/13『あなたの人生の物語』テッド・チャン
6/20『私が殺した少女』原尞
6/27『香水ーある人殺しの物語』パトリック・ジュースキント
7/4  『亜愛一郎の狼狽』泡坂妻夫
9/5  『密室殺人ゲーム王手飛車取り』歌野晶午
9/5  『オランダ靴の謎』エラリー・クイーン
9/6  『ドイル傑作集(二)ー海洋奇談編ー』コナン・ドイル
9/6  『天使が消えていく』夏樹静子
10/3  三田祭クイズ例会
10/10『リテラリー・ゴシック・イン・ジャパン』高原英理編
10/17『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』フリードリヒ・デュレンマット
10/24『逃げる幻』ヘレン・マクロイ
10/31『スコッチに涙を託して』デニス・レイヘン
11/14『愚者が出てくる、城寨が見える』マンシェット
12/5『開かせていただき光栄です』皆川博子
12/19『パインズーー美しい地獄ーー』ブレイク・クラウチ
 
2013年度例会課題作
4/12『池袋ウエストゲートパーク』 石田衣良
4/19『解錠師』 スティーヴ・ハミルトン
5/03『我らが隣人の犯罪』 宮部みゆき
5/10『復讐法廷』 ヘンリー・デンカー
5/17『バイバイ・エンジェル』 笠井潔
5/24『幻の女』 ウィリアム・アイリッシュ
5/31『不連続殺人事件』 坂口安吾
6/07『天使と悪魔』 ダン・ブラウン
6/14『機龍警察』 月村了衛
6/21『WORLD WAR Z』マックス・ブルックス
9/17『笑う未亡人』ロバート・P・パーカー
9/17『サキ短篇集』サキ
9/18『13階段』高野和明
9/18『奪取』真保祐一
9/18『踊るジョーカー』北山猛邦
9/27三田祭クイズ例会
10/4『少女には向かない職業』桜庭一樹
10/18『オズワルド叔父さん』ロアルド・ダール
11/1『松谷警部と目黒の雨』平石貴樹
11/8『紐の十字架』イアン・ランキン
11/29『インテリぶる推理少女とハメたい先生』米倉あきら
12/3『三秒間の死角』アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム
 
2012年度例会課題作
4/13『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延
4/20『死者のための音楽』山白朝子
4/27『女彫刻家』ミネット・ウォルターズ
5/18 『少女ノイズ』 三雲岳斗
5/25 『月に囚われた男』 ダンカン・ジョーンズ
6/1 『黒い家』 貴志裕介
6/8 『死の蔵書』 ジョン・ダニング
6/15 『笑う警官』 佐々木譲
6/22 『ブラウン神父の童心』 G・K・チェスタトン
6/29 『電波的な彼女』 片山憲太郎
7/6 『すべてがFになる』 森博嗣
7/13 『フランクを始末するには』 アントニー・マン
9/2,3 『大誘拐』 天童真
9/2,3 『クムラン』 エリエット・アベカシス
9/2,3 『天帝のはしたなき果実』 古野まほろ
9/2,3 『いとけなく愛らしき者たちよ』 ジリアン・ホフマン
9/2,3 『今夜はねむれない』 宮部みゆき
9/28 『谷崎潤一郎犯罪小説集』 谷崎潤一郎
10/5 『黒死館殺人事件』 小栗虫太郎
10/12 『ニンジャスレイヤー』 ブラッドレー・ボンド
10/19 『東京奇譚集』 村上春樹
10/26 『少女コレクション序説』 澁澤龍彦
11/2 『ALL YOU NEED IS KILL』 桜坂洋
11/2 『死の泉』 皆川博子
11/9 『昨日』 アゴタ・クリストフ
11/9 『ロング・グッドバイ』 レイモンド・チャンドラー
11/16 『邪馬台国はどこですか?』 鯨統一郎
11/21 『被害者は誰?』 貫井徳郎
 
 
2011年度例会課題作

4/29 『氷菓』 米澤穂信
5/6 『11番目の戒律』 ジェフリー・アーチャー
5/20 『彼女はたぶん魔法を使う』 樋口有介
5/27 『偽のデュー警部』 ピーター・ラヴゼイ
6/3 『海の稜線』 黒川博行
6/10 『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリィ・ジャクスン
6/17 三田祭会議例会
6/24 『館島』 東川篤哉
9/5,6 『イン・ザ・プール』 奥田英郎
9/5,6 『まっ白な嘘』 フレドリック・ブラウン
9/5,6 『水没ピアノ』 佐藤友哉
9/5,6 『狂桜記』 栗本薫
9/5,6 『シャイニング』 スティーヴン・キング
9/30 三田祭会議例会
10/7 『名前探しの放課後』 辻村深月
10/7 『れんげ野原のまんなかで』 森谷明子
10/14 『ホッグ連続殺人』 ウィリアム・L・デアンドリア
10/14 『弥勒の掌』 我孫子武丸
10/21 『わたしを離さないで』 カズオ・イシグロ
10/21 『極限推理コロシアム』 矢野龍王
10/28 三田祭クイズ例会
11/4 『エコー・パーク』 マイクル・コナリー
11/4 『ブラッド・ブラザー』 ジャック・カーリィ
11/11 『女には向かない職業』 P・D・ジェイムズ
11/11 『銀の檻を溶かして』 高里椎奈
11/25 『ラヴクラフト全集3』 H・P・ラヴクラフト
11/25 『クラインの壺』 岡嶋二人
12/2 『楊家将』 北方謙三
12/9 『吸血鬼カーミラ』 レ・ファニュ
12/9 『世界短編傑作集3』 江戸川乱歩 編
12/16 『Another』 綾辻行人
1/13 『象られた力』 飛浩隆


2010年度例会課題作

4/9  『つきまとわれて』 今邑彩
4/16  『リプレイ』 ケン・グリムウッド
4/30  『伯林蝋人形館』 皆川博子
5/7  『パズル・パレス』 ダン・ブラウン
5/14  『フラクション』 駕籠真太郎
5/21  『閉じた本』 ギルバート・アデア
5/28  『首無の如き祟るもの』 三津田信三
6/4  『数学的にありえない』 アダム・ファウアー
6/11  『扉は閉ざされたまま』 石持浅海
6/18  『箱男』 安部公房
6/25  『姑獲鳥の夏』 京極夏彦
7/2  『麗しのオルタンス』 ジャック・ルーボー
7/28  『鷲は舞い降りた』 ジャック・ヒギンズ
8/31  『骸骨乗組員』 スティーヴン・キング
8/31  『翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件』 麻耶雄嵩
9/1  『切れない糸』 坂木司
9/1  『毒入りチョコレート事件』 アントニイ・バークリー
9/24  『亡国のイージス』 福井晴敏
10/1  『ラスト・チャイルド』 ジョン・ハート
10/8  『死亡フラグが立ちました!』 七尾与史
10/15  『薔薇の名前』 ウンベルト・エーコ
10/22  『月に繭 地には果実』 福井晴敏
10/29  『虐殺器官』 伊藤計劃
11/5  三田祭クイズ例会
11/12  『機動戦士ガンダムUC』 福井晴敏
12/3  『バイバイ、エンジェル』 笠井潔
12/10  『ストリート・キッズ』 ドン・ウィンズロウ
1/14  『オリエント急行の殺人』 アガサ・クリスティ
1/14  『Aサイズ殺人事件』 阿刀田高


2009年度例会課題作

4/10  『花の下にて春死なむ』 北森鴻
4/17  『衣裳戸棚の女』 ピーター・アントニイ
5/1  『さよなら妖精』 米澤穂信
5/8  『斧』 ドナルド・E・ウェストレイク
5/15  『ゴメスの名はゴメス』 結城昌治
5/22  『メアリー‐ケイト』 ドゥエイン・スウィアジンスキー
5/29  『マジックミラー』 有栖川有栖
6/5  『冷血』 トルーマン・カポーティ
6/12  『わたしが彼を殺した』 東野圭吾
6/19  『独白するユニバーサル横メルカトル』 平山夢明
6/26  『羊たちの沈黙』 トマス・ハリス
7/3  『隣の家の少女』 ジャック・ケッチャム
7/10  『1/2の騎士 harujion』 初野晴
7/10  『奇術師の密室』 リチャード・マシスン
9/3  『99%の誘拐』 岡嶋二人
9/3  『赤い館の秘密』 A・A・ミルン
9/4  『検察捜査』 中嶋博行
9/4  『野獣死すべし』 ニコラス・ブレイク
9/4  『「アリス・ミラー城」殺人事件』 北山猛邦
9/25  『伊豆・河津七滝に消えた女』 西村京太郎
10/2  『モルグ街の殺人』 エドガー・アラン・ポー
10/2  『幻の女』 ウィリアム・アイリッシュ
10/9  『雪の断章』 佐々木丸美
10/9  『あなたに似た人』 ロアルド・ダール
10/16  『キマイラの新しい城』 殊能将之
10/16  『大鴉の啼く冬』 アン・クリーヴス
10/23  『夜市』 恒川光太郎
10/23  『ひとりっ子』 グレッグ・イーガン
10/30  『死体を買う男』 歌野晶牛
10/30  『木曜日の男』 G・K・チェスタトン
11/6  『ハートブレイク・レストラン』 松尾由美
11/6  三田祭クイズ例会
11/13  『誰の死体?』 ドロシー・L・セイヤーズ
11/27  『無限ループ』 大村あつし
12/4  『ゴールデンボーイ』 スティーヴン・キング
12/11  『贈る物語 Mystery』 綾辻行人 編
12/11  『腕利き泥棒のためのアムステルダム・ガイド』 クリス・イーワン
1/8  『酔いどれの誇り』 ジェイムズ・クラムリー
1/15  『四十日と四十夜のメルヘン』 青木淳悟


2008年度例会課題作

4/11 『七回死んだ男』 西澤保彦
4/18 『ホッグ連続殺人』 ウィリアム・L・デアンドリア
5/2 『戻り川心中』 連城三紀彦
5/9 『九マイルは遠すぎる』 ハリイ・ケメルマン
5/16 『しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術』 泡坂妻夫
5/23 『シャーロック・ホームズの冒険』 コナン・ドイル
5/30 『第三の時効』 横山秀夫
6/6 『レベッカ』 ダフネ・デュ・モーリア
6/13 『夏のロケット』 川端裕人
6/20 『メービウスの環』 ロバート・ラドラム
6/27 『鼻』 曽根圭介
7/4 『予告殺人』 アガサ・クリスティー
7/11 『占星術殺人事件』 島田荘司
9/1 『あなたに不利な証拠として』 ローリー・リン・ドラモンド
9/1 『Jの神話』 乾くるみ
9/2 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』 フィリップ・K・ディック
9/2 『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介
10/3 『エコール・ド・パリ殺人事件』 深水黎一郎
10/10 『蝿の王』 ウィリアム・ゴールディング
10/17 『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊
10/24 『荒ぶる血』 J・C・ブレイク
10/31 『古本屋探偵の事件簿』 紀田順一郎
11/7 三田祭クイズ例会
11/14 『夜鳥』 モーリス・ルヴェル
11/28 『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午
12/5 『わたしを離さないで』 カズオ・イシグロ
12/12 『きょうのできごと』 柴崎友香
12/12 『粘膜人間』 飴村行
12/17 『クリスマスのフロスト』 R・D・ウィングフィールド
12/17 『明治断頭台』 山田風太郎
1/9 『見えないグリーン』 ジョン・スラディック
1/16 『最後の息子』 吉田修一


2007年度例会課題作

4/13 『十角館の殺人』 綾辻行人
4/20 『猿来たりなば』 エリザベス・フェラーズ
5/11 『星降り山荘の殺人』 倉知淳
5/18 『一人の男が飛行機から飛び降りる』 バリー・ユアグロー
5/25 『マークスの山』 高村薫
6/1 『酔いどれに悪人なし』 ケン・ブルーウン
6/8 『名探偵に薔薇を』 城平京
6/15 『さらば愛しき鉤爪』 エリック・ガルシア
6/22 『星を継ぐもの』 ジェイムズ・P・ホーガン 
6/29 『白く長い廊下』 川田弥一郎
7/6  『プリズム』 貫井徳郎
9/5 『皇帝のかぎ煙草入れ』 ディクスン・カー
9/5 『フレームアウト』 生垣真太郎 
9/6 『ユニオン・クラブ奇談』 アイザック・アシモフ 
9/6 『殺戮にいたる病』 我孫子武丸 
9/28 『卵の緒』 瀬尾まいこ
10/5 『幽霊たち』 ポール・オースター 
10/12 『うみねこのなく頃に』 竜騎士07 
10/19 『Yの悲劇』 エラリー・クイーン 
10/26 『噂』 荻原浩 
11/2 『推定無罪』 スコット・トゥロー 
11/9 『ニッポニア・ニッポン』 阿部和重 
11/16 三田祭クイズ例会
11/30 『わらの女』 カトリーヌ・アルレー 
12/14 『点と線』 松本清張 
1/11 『ウォッチメーカー』 ジェフリー・ディーヴァー 
1/18 『スプートニクの恋人』 村上春樹 


2006年度例会課題作

4/14 『黒猫の三角』 森博嗣
4/21 『怪盗ニック登場』 E・D・ホック
5/12 『天使の囀り』 貴志祐介
5/19 『カジノを罠にかけろ』 ジェイムズ・スウェイン
5/26 『NIGHT HEAD』 飯田譲治
6/2 『ウッドストック行き最終バス』 コリン・デクスター
6/9 『奇跡島の不思議』 二階堂黎人
6/16 『ブラック・ダリア』 ジェイムズ・エルロイ
6/23 『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ
6/30 『捕虜収容所の死』 マイケル・ギルバード
7/7 『斜め屋敷の犯罪』 島田荘司
9/6 『悪魔が来りて笛を吹く』 横溝正史
9/6 『湖中の女』 レイモンド・チャンドラー
9/6 『ロリータ』 ウラジーミル・ナボコフ
9/29 『ななつのこ』 加納朋子
10/6 『死の蔵書』 ジョン・ダニング
10/13 『グロテスク』 桐野夏生
10/20 『アイデンティティー』 スティーブン・ピジック
10/20 『凍りのくじら』 辻村深月
10/27 人狼 BBS 1村
11/10 『さよならの代わりに』 貫井徳郎
12/1 部員の創作
12/8 『隣の家の少女』 ジャック・ケッチャム
12/8 『アンダー・ユア・ベッド』 大石圭
12/15 『震度0』 横山秀夫


2005年度例会課題作    

4/15 『春季限定いちごタルト事件』  米澤穂信
4/22 『閉じた本』  ギルバート・アデア
5/13 『ジョーカー』  清涼院流水
5/20 『ダ・ヴィンチ・コード』  ダン・ブラウン
5/27 『砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない』  桜庭一樹
6/3 『三人の名探偵のための事件』  レオ・ブルース
6/10 『倒錯のロンド』  折原一
6/17 『探偵になりたい』  パーネル・ホール
6/24 『仄暗い水の底から』  鈴木光司
7/1 『あなたならどうしますか?』  シャーロット・アームストロング
7/8 『MISSING』  本多孝好
合宿 『メルカトルと美袋のための殺人』  麻耶雄嵩
合宿 『停電の夜に』  ジュンパ・ラヒリ
合宿 『試験に出るパズル』  高田嵩史
合宿 『八番目の小人』  ロス・トーマス
9/30 『天使の屍』  貫井徳郎
10/7 『月下の狙撃手』  ウィリアム・K・クルーガー
10/14 『46番目の密室』  有栖川有栖
10/21 『ワトスン君、もっと科学に心を開きたまえ』  コリン・ブルース
10/28 『アリア系銀河鉄道』  柄刀一
11/4 『誘拐犯はそこにいる』  メアリ・H・クラーク
11/11 『メイン・ディッシュ』  北森鴻
11/25 『恐怖同盟』  阿刀田高
11/25 『漂泊の牙』  熊谷達也
12/2 『黒後家蜘蛛の会(1)』  アイザック・アシモフ
12/9 『絶望の世界−僕の日記−』  宮谷シュンジ
12/16 『ウェディングプランナーは眠れない』  ローラ・ダラム


2004年度例会課題作

4/9 『ヒマワリの祝祭』  藤原伊織
4/16 『第四の扉』  ポール・アルテ
4/23 『転生』  篠田節子
5/14 『予告された殺人の記録』  G. ガルシア=マルケス
5/21 『クビキリサイクル』  西尾維新
5/28 『斧』  ドナルド・E. ウェストレイク
6/4 『溺れる魚』  戸梶圭太
6/11 『騙し絵の檻』  ジル・マゴーン
6/18 『そして扉が閉ざされた』  岡嶋二人
6/25 『私が見たと蝿が言う』  エリザベス・フェラーズ
7/2 『8の殺人』  我孫子武丸
合宿 『ハリー・ポッターと賢者の石』  J.K. ローリング
合宿 『熊の場所』  舞城王太郎
合宿 『R.P.G』  宮部みゆき
合宿 『殺人交叉点』  フレッド・カサック
10/1 『探偵を捜せ!』  パット・マガー
10/8 『オーデュボンの祈り』  伊坂幸太郎
10/15 『壊人』  レックス・ミラー
10/22 『なみだ研究所へようこそ!』  鯨統一郎
10/29 『家蝿とカナリア』  ヘレン・マクロイ
11/5 『人間の証明』  森村誠一
12/3 『私小説』  水村美苗
12/10 『半身』  サラ・ウォーターズ
12/17 『アフリカの蹄』  帚木蓬生


2003年度例会課題作

4/11 『石に刻まれた時間』 ロバート・ゴダード
4/18 『放課後』 東野圭吾
5/9 『パンプルムース氏のおすすめ料理』 マイケル・ボンド
5/16 『ドミノ』 恩田陸
5/23 『風の向くまま』 ジル チャーチル
5/3 『慟哭』 貫井徳郎
6/13 『長い長い殺人』 宮部みゆき
6/20 『パルプ』 チャールズ ブコウスキー
6/27 『リアルワールド』 桐生夏生
7/4 『伯母殺人事件』 リチャード・ハル
7/11 『連鎖』 真保祐一
9/26 『11枚のとらんぷ』 泡坂妻夫
10/3 『人魚とビスケット』 J.M. スコット
10/3 『富豪刑事』 筒井 康隆
10/10 『プラスティック』 井上夢人
10/10 『赤い館の秘密』 A.A.ミルン
10/17 『七回死んだ男』 西澤保彦
10/24 『スペードの女王 』 プーシキン
10/31 『旅芝居殺人事件』 皆川博子
11/7 『氷の微笑』 リチャード・オズボーン
11/14 『思いがけないアンコール』 斎藤肇
11/28 『斧』 D・E. ウェストレイク
12/5 『MBO―マネジメント・バイアウト』 牛島信
12/12 『庭に孔雀、裏には死体』 ドナ アンドリューズ
12/19 『まどろみ消去 MISSING UNDER THE MISTLETOE』 森博嗣
1/9 『風の歌を聴け』 村上春樹
1/16 『緑は危険』 クリスチアナ・ブランド


2002年度例会課題作

4/12 『どちらかが彼女を殺した』 東野圭吾
4/19 『ロウフィールド館の惨劇』 ルース・レンデル
5/10 『異邦の騎士』 島田荘司
5/17 『悪党パーカー/地獄の分け前』  リチャード・スターク
5/24 『黒い白鳥』 鮎川哲也
5/31 『心の砕ける音』 T・クック
6/7 『テロリストのパラソル』 藤原伊織
6/14 『テキサス・ナイト・ランナーズ』 ジョー・R・ランズデール
6/21 『白い家の殺人』 歌野晶午
7/5 『私書箱9号』 ジャック・オコネル
9/27 『グレート・ギャツビー』 フィッツジェラルド
9/27 『クリスマスのフロスト』 R・D・ウィングフィールド
10/4 『緋色の研究』 コナン・ドイル
10/4 『少年たちの密室』 古処誠二
10/11 『試行錯誤』 アントニイ・バークリー
10/18 『ななつのこ』 加納朋子
10/25 『リカ』 五十嵐貴久
11/1 『パンドラ抹殺文書』 マイケル・バー=ゾウハ―
11/8 『双頭の悪魔』 有栖川有栖
11/15 『最後のカミカゼ』 M.E.モリス
11/29 『暗黒童話』 乙一
12/6 『グルーム』 ジャン・ボートラム
12/13 『動機』 横山秀夫


2001年度課題作一覧


4/13 『Mr.クイン』 シェイマス・スミス
4/20 『家族狂』 中村うさぎ
5/11 『スタンド・バイ・ミー』 スティーヴン・キング
5/18 『三人の悪党 きんぴか1』 浅田次郎
5/25 『死ぬためのエチケット』 シーリア・フレムリン
6/1 『紫蘭の花嫁』 乃南アサ
6/8 『ウッドストック行最終バス』 コリンデクスター
6/15 『水の眠り 灰の夢』 桐野夏生
6/22 『O・ヘンリ短編集1』 O・ヘンリ
6/29 『光射す海』 鈴木光司
7/6 『幻の女』 ウィリアム・アイリッシュ
7/13 『紫の砂漠』 松村栄子
8/7 『夏と花火と私の死体』 乙一
8/7 『司法戦争』 中島博行
8/8 『新宿鮫』 大沢在昌
8/8 『赤き死の炎馬 奇蹟鑑定人ファイル1』 霞流一
9/28 『クライアントの遺言』 ジニー・ハーツマーク
10/5 『誰彼』 法月綸太郎
10/5 『災いの天使』 パスカル・フォントノー
10/12 『赤外線男』 海野十三
10/12 『十二本の毒矢』 ジェフリー・アーチャー
10/19 『十角館の殺人』 綾辻行人
10/19 『七人のおば』 パット・マガー
10/26 『夫婦茶碗』 町田康
11/2 『カーテン』 アガサ・クリスティ
11/9 『漂泊者』 風間一
11/16 『王女マメーリア』 ロアルド・ダール
11/30 『斜め屋敷の犯罪』 島田荘司
12/7 『悪党パーカー/人狩り』 リチャード・スターク
12/14 『白夜行』 東野圭吾
1/11 『鳥』 ダフネ・デュモーリア


2000年度課題作一覧

4/14 『マールスドルフ城1945』 多嶋斗志之
4/21 『ディー判事 四季屏風殺人事件』 R・ファン・フーリック
5/12 『家族八景』 筒井康隆 
5/19 『ナイン・テイラーズ』 ドロシー・L・セイヤーズ
5/26 『東京異聞』 小野不由美
6/2 『ファイト・クラブ』 チャック・パラミューク
6/9 『ホワイトアウト』 真保裕一
6/16  『ジャッカルの日』 フレデリック・フォーサイス
6/23 『星降り山荘の殺人』 倉知淳
6/30 『死んだふり』 ダン・ゴードン
7/7 『ハサミ男』 殊能将之
8/7 『1984年』 ジョージ・オーウェル
8/7 『死の接吻』 アイラ・レヴィン
8/8 『パルプ』 チャールズ・ブコウスキー
8/8 『チャンピオンたちの朝食』 カート・ヴォガネット・ジュニア
9/29 『僕を殺した女』 北川歩美
9/29 『POP.1280』 ジム・トンプソン
10/6 『Dの複合』 松本清張
10/6 『死のロングウォーク』 スティーヴン・キング
10/13 『少女地獄』 夢野久作
10/13 『スイート・ホーム殺人事件』 クレイグ・ライス
10/20 『血みどろ砂絵〜なめくじ長屋捕物さわぎ』 都筑道夫
10/27 『隣の家の少女』 ジャック・ケッチャム
11/10 『江戸川乱歩傑作選』 江戸川乱歩
11/17 『リプリー』 パトリシア・ハイスミス
12/1 『恋』 小池真理子
12/8 『衣裳戸棚の女』 ピーター・アントニイ
12/15 『黄金を抱いて翔べ』 高村薫
12/22 『さらば長き眠り』 原りょう
inserted by FC2 system